すべてをラクにするための裏技・・・すべらく!
     
<<戻る

アンチ「高い意識」

(2009/05/06 公開) 【ストレスを考える】

「高い意識を持つ」なんてたまに聞くんだけど、アレってどうなんだろ?

たとえば、向上心が高い人のことを「意識の高い人」ってよんでみたり。エコロジーに対して興味があって実践している人たちのことを「意識の高い人」なんて言ってみたりね。

でも、たいていそういう言葉って、都合のいい層に対して使われてる感じがする。たとえばエコ関係の雑誌なら、読者のことを「意識の高い人」と呼ぶだろうし、向上心の高い人たちに受講してもらうセミナーでは、参加者のことを「意識の高い人」って呼ぶんじゃないかなと。

当然なんだけどね。ポリシーに対してお金を支払ってくれるお客様なんだから。あと、仲間意識を高めるために特別感を出すときにも「意識の高い人」とかいうよね。

個人的にはあまり「高い意識」という言葉ってあんまり好きじゃないなー。「自分たちは高い。そうじゃない人は低い。」・・・みたいな選民思想的な響きを感じるのは、私の人格形成の修練が足りないからなのかもしれないけど。

誰もが「上から目線」って嫌がるのに、何かを提唱するときって、どうしても「上から目線」になりがちなんですよねえ。私自身もご他聞に漏れず、そうなっちゃったりすることがあるんで、たまに困惑したりします。で、地味に文章を書き直したりして・・・。

あ、話がそれてる。・・・戻そう。

意識が高い低いとか、そういうんじゃなくって、単に「自分がラクかどうか?」「自分が心地よいかどうか?」という絶対評価の方がいいんじゃないかなぁと。誰かと比べて高いか低いか・・・なんて相対的に考えても・・・なぁ。

まぁ、そんなことを考えながら、肩肘を張ってがんばらなくても幸せになれる方法を探求していきたいなあと。。

がんばることに疲れてしまうのは、遠足で歩くことに集中しすぎて、周りの景色を何も見ていないのに似ている気がするんだよね。

自分の好きなことをやってる人ってのは、ハタから見ていて「がんばってる」ように見えるんだけど、本人は好きなコトをやってるから「がんばってる」意識がないんじゃないのかな。

高いとか低いとか気にしないで、がんばらずに前進したいな。

<<戻る


すべらくの道

すべてをラクに・・・

携帯用「すべらく!」

ラクにこだわりつつ、常識にとらわれずストレス軽減を本気で考えるサイトです。

実は私もあがり症だったり話し下手だったりするんだけど、けっこうそういう人、実は多いんじゃないかなー?・・・選択肢はひとつだけじゃないですけど、これもひとつの選択肢だと思います。
 
.
◆特集
●「すべらく!」的
恋愛を考えてみる!


●「すべらく!」的
レンタルサーバ選び


◆更新情報
2012/05/22 update

2012/05/22 update

2012/05/21 update

2012/05/21 update

2012/03/30 update

2012/03/23 update

 (続きをぜんぶ見る)


(C)PPJワークス 2019

BBS7.COM
MENURNDNEXT