すべてをラクにするための裏技・・・すべらく!
     
<<戻る

雑音で疲れない

(2009/09/29 公開) 【ストレス防御!】

いや、これは正直、自分自身にも身に覚えがありすぎるコトなんですが、一日の仕事が終わって夕方を迎えると、なんだか疲れていたりしませんか。なんとなく「あー、疲れた」と言ってしまうけど、一体何に疲れているんだかよく分からなかったりして。何で疲れているのか分からないのに何も他にする気が起こらないとか。

疲れというのは、物理的に身体の健康状態に問題があるとか、精神的なストレスのかかる環境で生活しているとか、密度の深い睡眠時間が十分に取れていないとか、いろいろと原因がありそうです。健康上の理由で疲労が取れないことがハッキリしている場合は、病院に行くなり、十分な休息期間を確保するなり具体的な行動が必要だと思います。

ただ「よく理由は分からないけど何か疲れた」というのは、もしかすると適切な行動で改善できるかもしれません。ここで私が考えている適切な行動というのは「自分の時間をきちんと過ごす」ということです。

そして「自分の時間」を阻害する「ノイズをできる範囲で遮断する」という行動が必要なんじゃないでしょうか。特に、一人暮しであれば日常の「クセ」を見直せば、比較的簡単に改善できる可能性が高いと思います。

「ふー、やれやれ・・・」と、仕事から帰ってきたらテレビをつけて、面白いのかどうか微妙な番組を観ながら、メシを食い酒を飲み、お風呂に入った後、何となくインターネットサーフィン・・・気がついたらもう寝る時間。寝る時間をギリギリまで遅らせた挙げ句、寝付いたと思ったら翌日に瞬間移動。「さっき仕事が終わったと思ったら、もう朝かよ!?」・・・このサイクルが「なんだか分からない疲れ」の原因なんじゃないかと思います。

もちろん仕事から帰ってきてテレビを観ることが、疲れを癒す役割になっているなら何にも問題ありません。大好きなテレビ番組を視聴して満足できたなら、心地よい充実感の中で眠って、気持ちのいい翌日を迎えられそうです。それはそれでいいんだと思います。

問題は「何となくテレビを観て時間が経ってしまった」人なんです。「アレもやりたかった、コレもやりたかった・・・でも一日が終わってしまった。」という人はテレビを観ちゃいけないかもしれません。ついでに個人的意見をあえて書くなら、最近のテレビ番組のほとんどはすごくつまらないと思ってます。

どうでもいい芸能人のケツばかり追いかけて、誰が誰を好きで結婚して離婚して子供産んで・・・と、どうでもいい話ばっかり。芸能人の頭の悪さをアピールして一般視聴者にゴマをするようなバラエティ番組。「CMの後、ついに○○が激怒!」なんてアオリが出ても、大して怒ってもいなかったりして肩すかし。

はいはい。・・・テレビ番組がキライという割にはずいぶんといろいろ知ってるじゃないか・・・っていうツッコミですよね。でも、テレビ番組のほとんどに観る価値がないと思っているのは本音です。

で、これだけ「テレビ番組がつまらない!」と言っていても、テレビをつけてしまうとなんだかんだで集中力を持っていかれてしまうワケです。いやいや、それだからこそ、テレビというのは危険だと思っているんです。

くだらないと思っていた番組に引きずられて、気がついたら寝る時間だった・・・というのは、なんとも悔しいもんです。だったら多少寂しくてもテレビはつけない。ラジオもつけない。・・・そんな感じでいいのかも知れません。

もちろん、感受性や価値観は人それぞれ。もしテレビを観ることでストレス発散になるならテレビを観るのが正解だと思います。そういう人もいていいと思います。ただ、もしも「確かに自分もそうかも・・・」と思ったとしたら、テレビを一切つけない生活をしばらく体験するのもよろしいかと思います。静寂に慣れるのも悪くないものです。

<<戻る





すべらくの道

すべてをラクに・・・

携帯用「すべらく!」

ラクにこだわりつつ、常識にとらわれずストレス軽減を本気で考えるサイトです。

自律神経失調症やパニック障害を克服!・・・うつ病と17年間戦ってきた萩原流行さんが注目するほどの治療法。しかも薬を使わない方法なんだそうです。薬を飲むことに抵抗のある方は試してみるといいかもしれませんね。
 
.
◆特集
●「すべらく!」的
恋愛を考えてみる!


●「すべらく!」的
レンタルサーバ選び


◆更新情報
2012/05/22 update

2012/05/22 update

2012/05/21 update

2012/05/21 update

2012/03/30 update

2012/03/23 update

 (続きをぜんぶ見る)


(C)PPJワークス 2019

BBS7.COM
MENURNDNEXT