すべてをラクにするための裏技・・・すべらく!
     
<<戻る

病気なのはどっち?

(2009/08/21 公開) 【ストレス防御!】

たまに「人間関係に疲れています。私は心の病気なのでしょうか。やはり病院に行ったほうがいいんでしょうか?」なんて話を聞いたりします。病院に行く行かないの判断は、最終的にご本人の意思が大切だと思います。だけど、ご本人が心の病気じゃない可能性があったりするんじゃないかと思うこともあるんですよね。

人間関係に疲れやすい人ってのも確かにいるんですが、一方で人間関係を疲れやすくさせる人がいるというのも事実だったりするんですね。しかもタチが悪いことに、そういう人に限って自分を省みるという習慣がなく、自分には全くどこにも悪いところがないというスタンスで生きています。踏みつけた雑草に対しても「オマエがそこに生えているから悪いんだ。」という発想の持ち主。

で、踏みつけられた雑草の方が「私のどこが悪いんでしょうか?」なんて頭を抱える状況になっちゃう。そもそも踏みつけられている人は決して雑草じゃないワケです。雑草のような扱いを受けているうちに「自分は雑草なんだ」と信じ込まされてしまうし、踏みつけている方も「こいつは雑草だ」と勘違いしてしまう。

「踏みつけている方と、踏みつけられている方、どちらの人が病気?」

と、聞かれれば、私は迷わず「踏みつけている方」だと答えます。むしろ他人に迷惑をかけても無自覚な分だけ悪質だと思います。だから「私は心の病気なんでしょうか?」と悩む前にちょっとだけ立ち止まって「アイツの方が心の病気なんじゃないか?」と考えてみてはいかがでしょうか?

無自覚で無反省の困った人たちの中には、実にいろんな種類の病気があると思います。プライド過剰病、支配病、学歴病、エリート病、マニュアル病、規則病、常識病・・・そんな病人どもに踏みつけられて病院送りにされてしまっちゃ、笑い話にもなりません。

私が言いたいのは「他人に迷惑をかける病人に振り回されちゃ、せっかくの人生がもったいない。」ということなんです。そして「踏みつけられ放題にさせておいちゃダメだ。」ということです。踏みつけられるコトが当たり前になってしまっちゃダメなんです。一人の人生は踏み続けられていいほど安くはありません。

踏みつけられるコトにあきらめないでください。踏みつけられて「どう思った。」「こう思った。」という、いろんな感情に火をつけてみることをオススメします。きっとそこから何かが生まれると思います。踏みつけてくるヤツなんて相手にしていちゃいけません。ましてや復讐してやろうなんて考えるのも時間の無駄です。そんなツマラナイ人間に貴重な人生の時間を使っちゃもったいないんです。

踏みつけられている間に、何か新しい何かを身につけるなんてどうでしょうか。何かの知識でもいいし、何かのスキルでもいいと思うんですよ。自分自身に新しい選択肢を増やしておけば、クダラナイ人間がいる環境ごと捨てることができます。新しい人生を自分自身で切り開けるようになるんです。

病院を否定するつもりはまったくありません。むしろ正しい診断を受けて正しい治療を受けることは大事です。しかし、病院に行くことを迷っているのなら、病院に行く前に自分でできることがあると思うんです。それを試してみてから決断しても遅くはないと個人的には思っています。

<<戻る





すべらくの道

すべてをラクに・・・

携帯用「すべらく!」

ラクにこだわりつつ、常識にとらわれずストレス軽減を本気で考えるサイトです。

恐怖症、あがり症、不安障害、パニック障害・・・なかなかうまくコントロールできないですよね。でも、DVDマニュアルに加えて無料電話サポートで克服できるかもしれません。効果がなければ返金保証。試してみませんか?
 
.
◆特集
●「すべらく!」的
恋愛を考えてみる!


●「すべらく!」的
レンタルサーバ選び


◆更新情報
2012/05/22 update

2012/05/22 update

2012/05/21 update

2012/05/21 update

2012/03/30 update

2012/03/23 update

 (続きをぜんぶ見る)


(C)PPJワークス 2019

BBS7.COM
MENURNDNEXT