すべてをラクにするための裏技・・・すべらく!
     
<<戻る

やりたいことをする

(2010/07/17 公開) 【ストレス活用!】


【ストレス活用!】編です
 気分がシンドイ時は軽く読み飛ばしてくださいね。


「やりたいことだけをやって生きることは難しい」なんて話をよく聞くよね。でも、こう思う。本当に「やりたいこと」を持っている人って、誰かから止められても「やってる」んだよね。「やりたいこと」が本物なら誰にも止めるコトなんてできないんだと思うんだ。もちろん、「わがまま」との境界線は大事なんだけど。

たとえば「画家」になりたいのなら、ひたすら絵を描くしかないんだと思うし、小説家になりたいのなら、ひたすら小説を書くしかないんだと思うんだ。それが本当にやりたいことなら、それを続けるために他の仕事もするんじゃないかな。そこまでやらないで中途半端であきらめちゃうから、「やりたいことだけやって生きられない」なんてことになるような気がする。

「やりたいことだけをやって生きるなんて無理だ」なんて言わずに、それを追いかけることを大事にして生きるコトって悪くないと思う。なぜって、それが生きるための目標になるんだから。もしかすると実現不可能な夢に見えるかもしれない。だけど、実現不可能に見えるからこそ、それを追いかける価値もあるんじゃないかな。

でもさ、夢を追いかけるためには、その夢についてイメージを膨らませる必要があるような気がする。その時、自分はどんな生活をしていて、どんな気持ちでいて、どんな人たちに囲まれているか。そしてどんな仕事をして、どんな人が喜んでくれているのか・・・なんてね。もちろん、最初に書いた「わがまま」とは分けておいた方がいいと思うけどね。

境界線ってなんだろう?・・・たぶん、それは、「『しあわせ』がベースになっていること」なんじゃないかと思う。逆に言えば「他の誰かを不幸にしないこと」なのかな。たぶん、これが満たされていれば、「わがまま」にはならないと思うんだけど、どうだろう。

そういう「しあわせ」な夢って、きっと世の中を変えていくんだと思う。最初は小さな志かもしれないんだけど、そういう夢って応援したくなる人が増えるんじゃないかな。いつの間にか「自分だけの夢」が「他の人の夢の一部」に変わっていくんだと思う。「世の中を変える」なんていうと、スケールが大きくなったような気がするよね。

でも、実は自分自身だって立派に「世の中」を構成する「ひとり」なんだよね。そして同じ夢を持ってくれた人が集まれば、もう「ひとり」じゃない。世の中を変える力が増えるんだと思う。たとえば音楽活動をするとしたら、メンバーが集まったり、ファンが集まったり、スポンサーが集まったり・・・ってこと。

ひとりひとりの心の持ち方できっと世界は少しずつ変わるんだと思うよ。誰かの心に影響できたとき、そこから少しずつ世界は変わるんだと思う。平和を望んだジョン・レノンも、マイケル・ジャクソンも、結局、戦争をなくすことはできなかったんだよね。でも、戦争を望む人たちの心をつなげて広げたことはスゴイと思う。

自分の理想を掲げて明治時代を駆け抜けた若者たちもそう。ひとりひとりは理想を追い求めた「ひとり」の人間。そこから数多くの人間の理想が交わったり衝突したりして、今の日本ができたんだよね。少なからず世界に影響を与えた実績のある国がさ。でも、どうしてそんなことができたんだろう。

私が思うにはさ、たぶん「勇気」ひとつなんじゃないかなって思う。自分の「やりたいこと」が強烈であればあるほど、目立てば目立つほどリスクは増えるんだから。明治時代に自分の理想を掲げていたら、いつ斬られてもおかしくないリスクを負うことになっちゃうし、実際にそうやって命を落とした人もいるでしょ。

さすがに現在ではいくらかそういうリスクは減ったと思う。でも、売れっ子芸能人なんかを見ても分かるよね。有名であればあるほど、何か失敗(スキャンダルとかね)をしたら、えらい勢いで世間から引きずり落とされちゃう。それでも、夢を叶えるためにリスクをとる勇気がある人だけが夢に近づくことができるんだと思う。

命は大切。だからなるべく安全に生きていこうとすることも大事だよね。だけど、自分の命を大切にしすぎて、何もやりたいことをせずに一生が終わってしまったとしたら?

・・・それって、逆にもったいないよね。まるで、すべてのことをガマンガマンで節約して、お金を貯めることだけに熱中して、巨万の富を蓄えたのに、使う前に人生が終わってしまう・・・なんて、それくらいにもったいないような気がするんだ。それって、なんだかガッカリだ。

難しい顔して悩んだりしないで、やりたいことを始めてみない?
自分に一番向いていることを探してみない?
自分が一番「たのしい」って思えることを探してみない?

勇気をだして、夢と釣り合うだけのリスクを受け取って歩くのも、悪くないと思うんだ。
どうだろう?

<<戻る





すべらくの道

すべてをラクに・・・

携帯用「すべらく!」

ラクにこだわりつつ、常識にとらわれずストレス軽減を本気で考えるサイトです。

恐怖症、あがり症、不安障害、パニック障害・・・なかなかうまくコントロールできないですよね。でも、DVDマニュアルに加えて無料電話サポートで克服できるかもしれません。効果がなければ返金保証。試してみませんか?
 
.
◆特集
●「すべらく!」的
恋愛を考えてみる!


●「すべらく!」的
レンタルサーバ選び


◆更新情報
2012/05/22 update

2012/05/22 update

2012/05/21 update

2012/05/21 update

2012/03/30 update

2012/03/23 update

 (続きをぜんぶ見る)


(C)PPJワークス 2019

BBS7.COM
MENURNDNEXT