すべてをラクにするための裏技・・・すべらく!
     
<<戻る

趣味で仕事する

(2009/10/27 公開) 【ストレス活用!】


【ストレス活用!】編です
 気分がシンドイ時は軽く読み飛ばしてくださいね。


どういうワケだか「趣味を仕事にしちゃいけない」なんて言葉があります。要するに「楽しみでやってた趣味が仕事になったら義務になっちゃうからね」と。・・・なるほど、確かに義務感になっちゃうと何をやってもシンドイものです。そういう意味においては賛成できなくもありませんね。

実は「義務感」という意識自体が大きなポイントなんだと思いますよ。だから、逆に「義務」なんて思わずに「自発性」が強かったりするコトであれば、何をやるにしてもそんなにシンドくないってコトなんですよ。特に「生活のために仕方なく」とか「お金のために仕方なく」なんて思わない方がいいと思います。

別にきれいごとを書きたいワケじゃないんです。私だって仕事する理由の中には「生活」とか「お金」という要素も含まれています。確かにそれは間違いないんですが、それだけじゃやっていけないと思うのは私だけでしょうか。「生活」とか「お金」のためだけだったら、どんな仕事をしたっていいはずです。

できれば、仕事には「お金」とか「生活」以外を求めた方がいいと思うんです。たとえば「頼られる喜び」とか「使命を果たす満足感」とか。自分の心の充足を満たしながら「お金までもらえる」って考えたほうが「オトク感」が増すような気がしませんか?

そもそも「お金」というのは「感謝」が形になったものなんですよね。お金だけを追いかける前に、誰かに感謝してもらっているかどうか考えてみませんか。「働けばお金がもらえる」という、あまりにも当たり前すぎる仕組みの中で「どうしてお金がもらえるんだろう」という点に立ち戻るのは大事なことだと思います。

仕事そのものの意義が明確になると、お金や生活以外の何かが見えてくるんじゃないでしょうか。逆にお金だけを追いかけるとなるとキビシイ局面が増えるような気がします。「どうも収入が少ないんじゃないか」とか「どうも割に合わないんじゃないか」なんて気持ちが湧いてきて。

意義も見つからなければ収入も低いということであれば、たぶん早いうちに仕事を変えた方がいいのかも知れません。「こんな不況の時代に勝手なことを言うな!」と言いたくなる人もいると思います。でも、「不況だから無理」とあきらめる気持ちが現実を呼び込んでしまうとも言えます。

本当にやりたい仕事をするためには勇気が必要な時があります。不況だろうが好況だろうが、本当にやりたいことを追いかけている人はいるものです。不況の責任にしている場合じゃないような気がします。不況だろうが好況だろうが自分の人生の時間は有限なんですから。

<<戻る





すべらくの道

すべてをラクに・・・

携帯用「すべらく!」

ラクにこだわりつつ、常識にとらわれずストレス軽減を本気で考えるサイトです。

恐怖症、あがり症、不安障害、パニック障害・・・なかなかうまくコントロールできないですよね。でも、DVDマニュアルに加えて無料電話サポートで克服できるかもしれません。効果がなければ返金保証。試してみませんか?
 
.
◆特集
●「すべらく!」的
恋愛を考えてみる!


●「すべらく!」的
レンタルサーバ選び


◆更新情報
2012/05/22 update

2012/05/22 update

2012/05/21 update

2012/05/21 update

2012/03/30 update

2012/03/23 update

 (続きをぜんぶ見る)


(C)PPJワークス 2019

BBS7.COM
MENURNDNEXT