すべてをラクにするための裏技・・・すべらく!
     
<<戻る

生きる意味がわからない!

(2011/07/02 公開) 【ストレス活用!】


【ストレス活用!】編です
 気分がシンドイ時は軽く読み飛ばしてくださいね。


私たちは、たいていの場合、気がついたら生きています。そんな中、あるタイミングで「自分はなぜ、なんのために生きているんだろう?」と思うことがあります。私自身もそういう体験をしましたし、苦しんだこともあります。

自分自身の体験として簡単に確認することはできませんが「人は必ずいつか死んでしまう」ことになっています。そうすると、今、お金、知識、経験・・・様々な蓄積をしても、いつかはゼロに戻ってしまいます。

私たちは本質的に「死ぬ日」に向かって生きていると言えます。死んだ後の世界、それはわかりません。わからないことには恐怖がつきまといます。その恐怖を薄めるために様々な宗教が地球上に存在しています。

しかし、ここではあえて宗教的な価値観とは別の次元で「生きる」ということを考えてみたいと思います。

「生きる」ことは「夢」に似ているかもしれません。たまに夢を夢と認識できることもありますが、夢の中ではそこにだけ展開する生活があります。そこではそこなりに様々なことを考えて生きています。そして、夢から覚めてしまうと、たいていのことは忘れてしまいます。

夢はどれだけリアルでも、所詮、夢は夢です。現実に何かが起こるわけではありません。しかし、ここで質問です。現実に何かが起こるわけではありませんが、毎日見る夢を選べるとしたら、「悪夢」と「いい夢」のどちらをみたいでしょうか?・・・私の経験的には「悪夢」と答える人はあまりいません。

「楽しいこと」と「ツライこと」とどちらがいいか、聞いてみると多くの人は「楽しいこと」を選びます。しかし、なぜ「楽しいこと」が好きなのかを論理的な理由を聞くと、そこに明確な答えはありません。

「楽しいこと」があると「楽しい」から。「楽しい」ことの方が好きだから。「楽しい」方が生きていて嬉しいから。・・・でも、そこにはまったく論理的な意味はありません。この理屈から私なりに大胆な結論を書いてしまうと、私は「生きることに論理的な意味はない」という考え方をしています。

つまり「楽しいこと」が自分にとって望ましいことならば、自分の気持ちに忠実に生きればいいのだと私は思います。なぜなら「生きること」は理屈ではなく、感情も含めた現象の連続だからです。もっといえば「価値観を求める旅」のようなものです。

もしかすると人生も一晩の夢と同じように、目が覚めた先に何かがあるのかもしれません。ないのかもしれません。しかし、残念ながらその先を現時点で覗くことはできないのです。そこに答えがあるとしても見えなければ無意味なのです。

このような理由のない答えを追い求めることは、時として知的好奇心を刺激してくれます。答えの出ない堂々巡りがネガティブに心地よいこともあります。そして、残念ながらその思考から逃れる効果的な方法はありません。

本質的にはひたすら「飽きるまで考える」しかないんです。「考えても答えは出ない」ということを体で感じるしかありません。最後にこんなことを考えてみてほしいと思います。

たとえば地球があと一週間で壊れてしまうとして、どうやっても人類滅亡の危機を逃れられないとします。その一週間を絶望で泣いて生きるか、それとも最後の瞬間まで満ち足りた日々を過ごして生きるか。どちらが幸せでしょうか。

地球が壊れるという例は極端すぎますが、事故や病気で急に命を落とす可能性なんていくらでもあるのです。「生きている理由」を感じるよりも「生きている価値」をそのまま感じて生きる方が幸せなのではないでしょうか。生きているということは当たり前のことではないのです。

<<戻る





すべらくの道

すべてをラクに・・・

携帯用「すべらく!」

ラクにこだわりつつ、常識にとらわれずストレス軽減を本気で考えるサイトです。

まるでスパイ道具です。ペン型で目立たないのにボイスレコーダーという優れもの。一言一句を聞き逃したくない勉強会や研修にオススメの一品。これ、バカ売れしているらしいです。議事録を書くのが苦手な人はコレを使ってみては?
 
.
◆特集
●「すべらく!」的
恋愛を考えてみる!


●「すべらく!」的
レンタルサーバ選び


◆更新情報
2012/05/22 update

2012/05/22 update

2012/05/21 update

2012/05/21 update

2012/03/30 update

2012/03/23 update

 (続きをぜんぶ見る)


(C)PPJワークス 2019

BBS7.COM
MENURNDNEXT