すべてをラクにするための裏技・・・すべらく!
     
<<戻る

下り坂をブロック!

(2009/08/20 公開) 【ストレス回避!】

どんなに調子がいい時期が続いていても、何かのきっかけで一気に気持ちが沈んでしまうコトってあります。心を盛り上げるには時間が必要なのに、沈む時はあっという間です。そんな下り坂をどうやってブロックすればいいんでしょうか?

「あー、今、はやりのウツ病ってヤツですか。アタシ関係ねーっす!」

なんて油断していちゃダメですよー。この世の中を生きていれば、何が突然起こるかなんてわかんないんですから。希望する会社への就職内定が決まり、引越しも新生活の準備もしていたのに内定取り消しになってしまったり。一生を共に生きていこうと思っていた理想の彼が、実は結婚詐欺師だったことが発覚したり。

・・・と、さすがにそこまで極端な例までいかないにしても、落ち込みの原因はいろいろあります。そして誰にでも襲いかかってくるもんです。むしろ落ち込んでからどうしようどうしようと焦るよりも、安全な状態にいるうちに対策を考えておく・・・これが「リスクマネージメント」のツボです。日本語で言ったら「危機管理」ってヤツですね。

まず、下り坂に落ちているかも・・・という兆候を自分自身からキャッチすることです。たとえば、最近、笑えることがなくなってきたとか、「ため息ばっかりついてどうしたの?」と周囲からよく心配されるようになったり、漠然とした不安をいつも抱えているような気がするとか。人によっていろんな兆候があると思うのですが、それを自分なりに把握しておくと火事になる前に火を消せるかもしれません。

で、下り坂の兆候をキャッチしたらどうするか・・・ですね。人によって適切な対処方法は違ってくると思いますが、個人的には、まず大慌てをしないようにしています。その時の頭の中をのぞいてみると「ああー。なるほどー、なんとなく下り坂チックなのかー。んー、そうかー。まいっちゃうなー。」って感じですかねー。

ちなみに誰が聞いても「それ、本当に深刻に考えてる?」って思われるくらいに、他人事みたいに「まいったにゃー★」なんて言ってるくらいがちょうどいいと思ってます。だいたい、こういうコトは焦れば焦るほど泥沼地獄にハマリ込むのが相場っていうかパターンってもんです。

私なりの心の下り坂ブロックの対策方法ですが、まずは事実を事実のまま受け止める。そしてその事実を知っても焦らない。その後に自分に対して「休養をじっくり与える」という流れにしています。休養してなかなか改善効果が出なくても、とにかく焦りません。
※「休養」については、落ち込みからの回復に詳しく書いたので、そちらもご参考にどーぞ。

一生に一回や二回の大事故・・・じゃなくて、たまにあることだからこそ、ちゃんと自分のための「リスクマネージメント」を考えておきませんか。

そういえば、ひょんなコトから知った「WRAP」という考え方が、リスクマネージメント術としてかなり洗練されていると思います。これも気になる人は調べてみてください。アメリカから伝わったメソッドですが、日本でも日本語版の冊子が販売されています。

らっぴん(お世話になっている方が千葉でWRAP啓発活動をしています)
WRAP-in-Ichikawa

<<戻る





すべらくの道

すべてをラクに・・・

携帯用「すべらく!」

ラクにこだわりつつ、常識にとらわれずストレス軽減を本気で考えるサイトです。

実は私もあがり症だったり話し下手だったりするんだけど、けっこうそういう人、実は多いんじゃないかなー?・・・選択肢はひとつだけじゃないですけど、これもひとつの選択肢だと思います。
 
.
◆特集
●「すべらく!」的
恋愛を考えてみる!


●「すべらく!」的
レンタルサーバ選び


◆更新情報
2012/05/22 update

2012/05/22 update

2012/05/21 update

2012/05/21 update

2012/03/30 update

2012/03/23 update

 (続きをぜんぶ見る)


(C)PPJワークス 2019

BBS7.COM
MENURNDNEXT