すべてをラクにするための裏技・・・すべらく!
     
<<戻る

落ち込みからの回復

(2009/08/19 公開) 【ストレス回避!】

なんとなく未来に対して前向きになれなかったり、イヤな気持ちを数日間引きずってしまうようなコトも生きていればあるもんですよね。ただ、自分でその状態と原因を認識している場合は、すこしでも早く自分自身のメンタルケアをした方がいいと思います。
  1. 自分自身をしっかりと甘やかして仕事も休みます。
  2. 少なくとも休み中は楽しいコトをイメージします。
落ち込んだ気分というのは厄介なモノで、前向きに歩いていこうとする力をじわじわと奪っていくんです。心にカスミがかかったような状態になっちゃって、心のエンジンのアクセルを踏めなくなっていく感じでしょうかね。

そこで、まず「自分への甘やかし」を考えてみたいと思います。「甘やかす」というと、あまりいいイメージはないかもしれませんが、自分の心を守るためなら手段を選んではいられないと思うんですよ。

たとえば仕事がストレスの原因になっている場合は、「休んでしまってもいい」という選択肢を自分自身に与えることです。実際に仕事を休まなかったとしても、休んでしまってもいいという選択肢を持っているコト自体が大事なんです。

人間が追い詰められていく時というのは、どんな状態なのか考えたコトがあります。それは自己肯定感が著しく低くなっている状況なんじゃないかな。そして自分の選択行為に無力感を抱かされている状況でもあるんじゃないかな・・・と私は考えています。

そこで「仕事を休む」という選択肢を自分自身に与えるんです。そこで休んでおけば、ひょっとするとメンタルが回復するかもしれません。「小さく逃げる(仕事を休む)」ことで心のメンテナンスをしておけば、「大きく逃げる(仕事を辞める)」事態を招かずに済むかもしれません。

それに「逃げる」という行動の選択肢が自分にはまだ残っていて、それを選択するという自由を心に取り戻すコトが大事だと思うんですね。選択することの無力感を取り除くこと。自分のちょっとした未来を、自分の意志で少しだけでも変えられる実感を得ることが大切です。

そして休んでいる間は「楽しい気分になること」だけをします。心の重荷になるようなコトはしません。やりたいコトだけをやります。「ああ、洗濯物がたまってたから洗濯しなきゃ!」と思っても、本当はやりたくないコトならやりません。もちろんやった方が心が落ち着くならやってもOKです。

日頃、やらなきゃやらなきゃ・・・と思っていることも、仕事を休んだ日は完全に放棄するのがポイントです。仕事を休むだけじゃなくて、すべてのイヤなコトを徹底的に休む日にするんです。なぜなら、こういう休みを頻繁に取りすぎると無駄に信用を失うからです。だからこそ、この休みの日を徹底して濃密にするんです。これくらい休んだら文句ないよ・・・ってくらいに。

あ、ちなみに当たり前のことなんですが、当日休む場合は、ちゃんと所定の手続きに従って連絡をしておきましょう。何も言わずに失踪するのも、人生で一度くらいやってみたいかも知れません。が、それをやってしまうと、さすがに社会人としてどうだろう・・・という話になっちゃいます(苦笑)。

それから「ストレスで休みます」なんて馬鹿正直に言わないで、「体調が悪いので休みます」と伝えましょう。そのへんは一応、大人のマナーかなと思います(笑)。

<<戻る





すべらくの道

すべてをラクに・・・

携帯用「すべらく!」

ラクにこだわりつつ、常識にとらわれずストレス軽減を本気で考えるサイトです。

実は私もあがり症だったり話し下手だったりするんだけど、けっこうそういう人、実は多いんじゃないかなー?・・・選択肢はひとつだけじゃないですけど、これもひとつの選択肢だと思います。
 
.
◆特集
●「すべらく!」的
恋愛を考えてみる!


●「すべらく!」的
レンタルサーバ選び


◆更新情報
2012/05/22 update

2012/05/22 update

2012/05/21 update

2012/05/21 update

2012/03/30 update

2012/03/23 update

 (続きをぜんぶ見る)


(C)PPJワークス 2019

BBS7.COM
MENURNDNEXT