中華製激安ライフログガジェットがすごい!

ライフログガジェット再び

以前、「スマホ通知スルー事故対策」というエントリで紹介した、mi bandという、中華製スマホ連動ブレスレット型ガジェット。何ができるかといえば、バイブの弱いスマホにメールや電話、チャットが着信したり、スケジューラーやアラームの鳴動を腕に付けたバンドが振動して教えてくれるという優れもの。

結論から言えば、5月に買ったコイツは7月末日を待たずに壊れました。具体的には充電操作を受け付けなくなり、長持ちバッテリーが徐々に徐々に減っていくのを、ただただ眺めるしかないという、何か人生の悲哀を感じる壊れ方。やたらとバッテリーの持ちがいいので、まだ生きてはいるのですが、あと数日の命と覚悟して看取るしかないところがなんとも切ない。

税込みで2,399円だったので、5月7日に購入して、7月25日に充電不能を確認。ざっくり3ヶ月使ったとして、月割りで800円。うん、そんなには安くない。けど、それなりに役立ちアイテムだったといえる。放置していたら後でかなり致命的なコール(たいてい嫁さんからの電話だ)を知らせてくれたし、備忘アラーム(toodledoと連動)もしっかり機能してくれました。

◆電話が着信した時のバイブレーション設定
Screenshot_2016-07-27-19-35-40

◆各種アプリを登録するとバイブレーション通知が設定できる!
Screenshot_2016-07-27-19-35-23

◆使っていないけど他にもいろんな便利機能がある
Screenshot_2016-07-27-19-36-07

そんなわけで、最近の国際社会における中国の姿勢にはいろいろと考えるところはあるものの、残念ながら日本製でこのガジェットに匹敵するような良アイテムはないので、もう一度、mi bandを買うことにしました。いいものはいいものなのです。しかし、Amazonの購入履歴から購入しようと思ったら、その商品が取り扱い終了になってました。あああ!

 

生まれ変わってました……今度は心拍だ!

仕方なく「この商品をみた人は……」リンクを辿ってみると、なんと新商品がでていたのです。画像を見る限りでは、新旧それほど差がないのですが、

◆こちらが旧タイプのmi band
mi1

◆こちらが新タイプのmi band (画像クリックで詳細画像が見られます)
mi2

よく見ると、製品画像の左上にハートマークがついています。遠目からみると、おひさまニコニコマークにしか見えませんが。(笑)

……そうです。新しいmi bandには心拍計が内蔵されているのです。どうせ新しいのを買うなら心拍計が付いているものにしようということで、早速購入しました。なぜなら、充電機能が壊れてしまったmi bandから、毎日、睡眠時間や歩数などがスマホに送られてきているのです。こいつが完全停止したらライフログが途切れてしまいます。

◆こちらは蓄積された睡眠時間……正確ではないけど目安にはなる
Screenshot_2016-07-27-19-34-54

◆こちらは歩数計……家の中でスマホを置いて歩き回ってもカウントしてくれる
Screenshot_2016-07-27-19-34-49

たかがライフログなんですが、データって蓄積されてくるとそれなりに価値が生まれるものなんですね。たとえば、疲れが取れない時に、こういうログを振り返ってみると、傾向として思い当たるデータってあるものなんです。睡眠時間が少なめだなとか、特に一番寝ていない日から数日経ってから一気に疲れがきているな……とか。

 

たかが心拍でしょ……?

そもそもね、心拍なんてとってどうすんのよ、自分から進んで運動するわけでもないのに……と思っていたのですが、まあ、いいじゃないですか。先代のmi bandから価格高騰……となっていたら考え込むところですが、今回の新しいmi bandも激安の2,850円ですよ。心拍計が追加されて450円くらいの値上げ?

ま、3ヶ月で壊れると思うと激安でもないんですけどね。でも、国内メーカーの心拍計ブレスレットを買おうと思うと、ちょっと躊躇するような価格帯のものしかないんですよ。簡単に壊れない作りになっているのかも知れないけれど、正直、手が伸びない。日本人が本気になれば、もっといい価格でいい勝負ができるんだと思うんですが。

で、早速、Amazonでポチりました。以前のエントリ「AmazonPrime会員の年会費」にも書いたとおり、AmazonPrime会員になっているので、お急ぎ便がデフォルトです。ありがたいことに、この新しいmi bandもPrime取り扱いがあるので、たった二日で届きます(購入タイミングによっては翌日到着)。ちなみに自宅に届くといろいろアレなので、近所のコンビニに送ってもらったのは内緒です。(と、ブログに書くバカw)

ともかく、早速、スマホに新しいmi bandを接続してみました。

……と、さくっと書いたのですが、実は公式アプリ側に問題があって、新しいmi bandの接続にはだいぶ苦労しました。

  1. 新しいmi bandはファームウェアアップデートが必要
  2. ファームウェアアップデートはmi bandの公式アプリでないとできない
  3. mi bandの公式アプリはファームウェアアップデート未完了mi bandを認識しない
  4. [1.]にもどる……一体なんの嫌がらせだ!(笑)

※Google先生に泣きついたところ、丁寧に教えてくれるサイトがありました。
→外部サイト:(Xiaomi Mi Band 1S Heart Rate アプリMi Fitを入れて試すが野良アプリ必要)

 

……されど、心拍!……すげえ!

さて、私は先代のmi bandの時から有料アプリを使っています。だいたい300円くらいかな。公式アプリよりも出来がいいという不思議な現象が起きているのですが、このアプリ、今まで心拍のタブの部分はグレーアウトされていたんですね。mi bandが対応していなかったから。

さてと、新しいmi bandはどうかな?……おお?……おおおお!

◆今まで表示されていなかったところに心拍グラフが表示された!
Screenshot_2016-07-27-19-34-58

◆1日の心拍の分布を円グラフにしてくれる!
Screenshot_2016-07-27-19-35-12

心拍計をすっかりバカにしていたんですが、こうやってログとして見える化されると、がぜん心拍が気になってきます。最小で30秒おき、最大で5時間おきに計測してくれるのですが、心拍の高い時間帯がわかるんです。そして心拍の高い時に何をしていて、それがどの程度の心拍数なのか。これはなかなか面白いログです。

緊張したり興奮しても心拍は上がるので、1日に緊張する局面やイライラする局面が何回あったのか、1週間にすると、それがどの程度の頻度なのか。イライラする気持ちを、どの程度自分でコントロールできるようになるのか。そういう意味での見える化ツールとして活用すると、メンタル面にも活用できる範囲が広がりそうです。

ちなみに初日なので、心拍の計測間隔を5分おきにしてみたのですが、やはり、やや消費電力が激しめです。満充電から24時間使ってみて、残バッテリーは68%。先代のmi bandは20日くらい使っても30%の残バッテリーだったので、やはり5分おきはやりすぎなのかもしれません。

ただ、心拍ログとして後から役立てようとすると、1時間おきの計測ではやや粗い。30分でもやや粗い。そんなところで、10分おき(1時間に6回)か、12分おき(1時間に5回)あたりで、バッテリーと相談しながら調整していこうかと思います。まあ、10分~12分おきにして、24時間後の残バッテリーが80%を上回ってくれれば、1週間に1回くらいの充電で済みそうですね。

【2016/07/28追記】とりあえず、5分おきの心拍計測のまま様子をみてみたところ、それからさらに24時間経過した時点で、残バッテリーは62%でした。一日6%の減りであれば、100%の満充電から2週間くらいは持ちそうです。実は最初、デフォルトの心拍計測は「5分おき」ではなく「連続」になっていました。心拍が一切計測されないので、途中から「5分おき」に変更したのですが、計測しないくせにしっかりとバッテリー消耗だけはしていた可能性があります。

 

返品トラブルのリスクは注意して回避しましょう

あまり高くないので、気になる人はゲットしてみるといいと思います。mi band本体とAndroidまたはiPhoneの有料アプリを足しても3,500円以下で自己管理ツールの恩恵を受けることができます。ただし、Amazonのレビューを読んでも分かるように、間違った商品を送りつけられたりするケースもあるようです。

そういう意味で「運頼み」的な要素もあるのですが、参考までに私が購入したリンクも張っておきます。100%安全とまではいいませんが、私が購入してみて、ちゃんと正しい製品が届いた実績のある商品リンクなので、いくらかクレームに時間を使わないといけないリスクは回避できるのではないでしょうか。よろしければご参考まで。

あ、そうそう、それから大事かも知れないことをひとつ。この製品、一応、生活防水だけど、シャワーとかを浴びる時は外しておいた方がいいかも。確かにこれをつけてお風呂に入って平気だったこともあるし、他の紹介サイトでも大丈夫っぽい……のだけど、充電ができなくなる少し前に、これをつけたままでシャワーを浴びた記憶があります。念のため。

【後日追記】 実は死んでいませんでした。ワイルドな方法で復活しました。

それではまた。

◆Xiaomi Miband 最新 ブレスレット IP67 スマート ワイヤレス Bluetooth 4.0ウェアラブル 心拍数モニター xiaomi iphone with IOS7.0 aboveなどスマートフォン 用

ブログ更新習慣改善◆品質の検討

質量保存の法則……ちょっと違うか

ブログをどうやったら更新し続けられるか……という、ある意味でとてもメタなテーマを扱っています。そんな理由で更新が滞りやすいクソブログでございます。ごめんなさい。とはいえ、「できていない人」が「できるようになる」という主旨の当ブログ。「できていない状態」をお見せするのも大切かも知れません。言い訳ですが。

それはさておき、今回は「品質」について考えてみたいと思います。前回の「時間をかけないとできないの?」という自問自答に対する思考を進めていこうと思います。まず、シンプルに考えてみましょう。時間が極限まで少なかったらどんな状況になってしまうのか。時間がないから書けないと言うけれど、時間がなかったらどうなるの?……ってこと。

今回の書き出しだと、まず、一段落目が消えます。仮にこの前置きだけで終わってしまったら、結局何を伝えたいのか分かりません。分かったとしても、結果的に「なんだ言い訳かよ」で終わってしまいます。そして二段落目も消えることでしょう。品質について考えよう。シンプルに考えよう。そうか。それで結論は?……そこにはありません。そしてこの段落も無駄なので消えることになります。

無駄なことに時間をかけるからですよ!

ここまで書き始めから10分くらいかけています。まあ、遅筆です。意味のない三段落にそんなに時間をかけるなよと思います。しかも無駄だということを証明するための無駄な時間です。つまり、結論からずばっと書いてしまえば一段落で済んでしまうかも知れないということです。では、さすがに次の段落で伝えたいことを書きます。

世の中にある様々なプロジェクトを管理する知識体系として、プロジェクトマネジメント(略してPM)というものがありますが、この知識体系で重要な三つの要素があります。いわゆる「QCD」と呼ばれる考え方です。「Quality:品質」「Cost:費用」「Delivery:納期」の三つです。これらは、どれかを重視すると他に犠牲がでる関係性です。この中の「品質」が実に厄介です。ブログにおいて「品質」はハードルのひとつと言えます。

品質を上げるためには一般的に費用と時間がかかります。費用をかけると品質が良くなったり短時間で終わるようになります。個人ベースで考えると、誰かに夕御飯をごちそうして手伝ってもらうとかですね。費用を全くかけないのなら、自分の時間を完全に犠牲にするか、品質を犠牲にして時間をかけないようにすることもできます。

だけど「品質」って一体なんなのよ?

自分でさんざん、クソブログ、クソブログと連呼しているわけですが、まあ、クソであれば品質なんてなきに等しいわけです。そんなクソブログにおいて品質ってなんなんだって話なんです。クソの品質を高めたところでクソはクソなのです。そんなところで「品質」を連呼したところで、一体どうするというのでしょうか。

大量に書けばそれが品質になるのか……といえば、大量のクソで読み手の貴重な時間を奪ってしまう。まあ、現実的には最後まで読まれずに捨てられる。それがクソブログの宿命です。だから、クソをクソでなくする努力も重要でしょう。クソは時間をかけて書けば書くほど最後まで読まれないリスクが高まります。書き手と読み手双方の時間をどぶに捨てるという意味で。

ただ、PMにおいても品質管理ってかなり微妙な要素のように感じます。最終的な閾値が「お客様に納得してもらえること」スレスレを狙うことが結構多いような気がするからです。もちろん「納期」と「費用」とのせめぎあいでそこを狙うわけですから、まあ、職人芸なわけですけど。それにしても、事前に「どういう状態が品質が高いっていうの?」をちゃんと決めておく必要があるのです。

で、戻りますが、ブログにとって「品質」って何?……と考えてみると、急に見えてくる世界が違ってくるのです。たくさん書けばいいというものでもない。ひとつの指標として面白がってもらえるか、役に立ったと思ってもらえるかという指標もあるはずです。

また、自分が楽しんで書けているか……というのも場合によっては重要かもしれません。アフィリエイトの仕事原稿をいやいや書いたんだな……ってサイトを読むと萎え萎えになることもありますから。でも、なんだかふわっとしていてつかみどころがない。もっと分かりやすい指標が必要です。

「品質」を定義して計測してみる

分かりやすい指標としては「PV」がありますね。ページビュー。つまりどれくらいの人が読みに来てくれたか。いわゆる計量的な指標というのはてっとり早い効果測定が可能です。

それから、コメントが付くかどうかというのも大きいかも知れません。PVに比べると遙かにハードルが高いのですが、そこでのコメントをくみ取ることによって、ある程度「向かうべき品質」というのは見えてくるかも知れません。

特にブログなんてのは、誰も読んでいなければ「一人芝居」です。仮に値千金の言葉を綴っていたとしても、人っ子ひとりいない無人島で最強においしいフランス料理屋を、宣伝することもなくひっそりと開店しても確実に潰れます。

宣伝も必要だし、誘導も必要。そしてお客様の人数をカウントしたり、分析することでどのような料理が好まれていて、それにたいして自分はどのような料理が得意なのか……ということがマッチングできて初めて意味がでてくるわけです。

品質にもマズローの欲求段階説のように、いろいろとあると思うんです。たくさん来てくれていて、その内容を分析して読者満足度を高めるフェーズ。いやいや、まず、人っ子ひとりいないのだから、まずは単純に人数を増やすフェーズ……とか。

そういう分かりやすい指標を現実的に管理していくのが重要かなと思います。誰も食べてくれないのに、10年間料理の修行をしても意味がないんです。ひたすら人知れずまずい料理ができては、自分で自己消費されているだけです。

とまあ、そのあたりをさらに深掘りしていくのもいいかなと思います。とにかく、無駄はいけない。ゴールが決まっていないのに目的を目指す義務感だけが発生するのも無駄。一番いけないのは無駄に消耗して、無駄に諦めることですから。

新しい習慣を創造するということ

驚くほどに自分のPCを使わなくなった

独立して仕事をしていた頃は、自分のPCは公私にわたって使うものでした。だから、PCに触れない日はなかったわけです。しかし、これが会社員に戻って、勤務用に使うためのPCが貸与され、かつ、仕事の時間以外に使えないことが当たり前になってくると、自分のPCを利用する機会が激減しました。

つまり、PCを使うためには、相当意識しなければ開くこともなくなってきたのです。だから、PCを開くと、その瞬間にアンチウィルスソフトがアップデート警告を出したり、Windowsアップデートが連続して攻めてきたりするわけです。さらに言えば、メーラーを起動すると数週間分のメールをまとめて受信しに行って戻ってこなくなります。

※もっとも、メールはスマートフォンやタブレットで読めるようにしているので、あくまでもバックアップ用途として取り込んでいるのですが。

つまり、何が言いたいのかというと、PCを開かないのでPCを使って文章を書かなくなり、それが遠因でブログも書けないという言い訳です。こんな誰も読まないかもしれないクソブログの更新なんてどうでもいい……というのはよく分かっているのですが、私にとっては「ブログを続けてみよう」というのが一つのテーマなのです。なので、もうちょっと書いてみます。

たかがブログでも鋼鉄の習慣が必要

誰に強要されているわけでもないのですが、どうして、このブログを継続することにこだわるのかといえば、それは「何か一つのことを決めて継続する」ということが、何かを実現するにあたって、最低限のルールだからです。もっと言ってしまえば、そんなことも続けられなくて何を実現しようというのだ……ということです。

で、大事なことは「それを自分ができていない」という事実。これは考えようによっては財産なのです。「できている人」が「できている」のは当然です。「仮に過去にできなかった人が、いろんな努力でできるようになった。」というのは素敵な話ですが、それは所詮過去の話です。できるようになった人にとってできるのは当たり前なのです。

でも、私は「できていない人」とか「できていない時」ということにこだわりたいのです。できていない人が等身大でできるようになるためにあがく。あがいてカッコ悪いところをさらけ出し、それでもできなくて醜態をさらすかも知れない。それでも諦めずに、「できない人」が「できる姿」を目指す。そこで得られた知見を世の中に残すこと。それが私のなすべき使命だと思っています。

ブログ更新のための習慣をどうするか

習慣づけにはいろんな選択肢があります。今回のテーマの場合、「自宅でPCに触らなくなった」だから「結果としてブログも書かなくなってしまった」という因果関係を挙げています。しかし、ここにはいろんな要因が渦巻いています。ブレーンストーミングのようにとにかく思いつく要因をわーっと書き連ねてみます。

  • PCを開かなくなったのでブログを書く機会を失っている
  • ブログを書こうとする意思自体が薄弱である
  • 文字入力をするにおいてはスマホよりPCの方が早い
  • まとまった時間がないと書けない(か、気分が乗らない)
  • ブログを書くことよりも優先順位の高いことが多数ある
  • 時間がかかることに力を使いたくない

うーん、ほとんどが「言い訳」です。正直なところ「意志薄弱」というのが全ての根幹をなしていると言ってもいい。しかし、意志薄弱な人がどうやって変わっていくのか、変わっていけるのかというメソッドを考えるのが趣旨なので、それでいいとも思っています。「やろうと思った人はやっぱりできるんだよ」という結論では何にも面白くないのです。それなら書かない。

自分のことは自分に叩いてもらう

そこで、先ほど列挙した要因について、別の自分にツッコミを入れてもらいます。というか、先ほどの自分にツッコミを入れる自分というのがしっくりきます。さて、さっきの自分を辛口意見でやっつけます。

  • いやいや、まずはPCを開くことを習慣にした方がいいんじゃないの?
  • ブログを書いて何をしたいんだってことをもう一回考えてみたら?
  • PCよりもスマホの方が早く入力できそうな工夫って本当にないの?
  • まとまった時間がないと本当に書けないの?細切れではだめなの?
  • ブログの更新が優先度の低いっていうのならやめることも考えたら?
  • どうしても時間をかけなくちゃいけないわけ?ブログってそんなもの?

誰に相談するわけでなくても、自分でそれなりに回答を持っていることに気づきます。実はどれもやろうと思えばできそうなのに、それでもできないのです。この中で私が一番気になるのは「どうしても時間をかけなくちゃできないわけ?」という自問自答です。「時間がかかるから、時間がない時にはできない。」というのは解決に近いアプローチのような気がします。

なぜなら、どんな工夫をするにしても「時間」は必ず消費してしまうものです。「時間がかかるから時間をかけられない」というのは、もっともそうにみえて、大きな矛盾を抱えています。何もしなければ時間は消費されないわけではなく、何もしなかったという事実が積み残されたまま時間は消費されていくのです。何の投資効果もない時間が浪費されます。

これから、このテーマについて書いていこうと思います。一回で書き切れるものでもなければ、一回で問題が解決するようにも思えないからです。もちろん時間をかければいいというわけではないのですが、試行錯誤をするにはそれなりに時間も必要です。それでは実験の開始です。